今年もあと42日なのでお仕事奮闘記を振り返る①

お仕事奮闘記

注)前回、~導入編~はこちら

第1話「終わりの始まり」

いや、もう1枚目の4コマ目で「だまされるな」って書いている時点でネタバレなんよな。

派遣の「顔合わせ」

派遣には顔合わせというものがあります。

派遣会社の担当者と自分、就業先の担当者(私の場合はのちのちの上司でした)とで少し話をします。

面接ほど固くはないけれど、前の職場ではどんな仕事をしていたとか、これからどんな仕事をするのか直接教えてもらったりします。早ければ20分ほどで終わります。

 

初めて派遣登録をして、顔合わせに行くときはとても緊張していましたが、いろんなサイトを見ている限り、ほとんどの場合が「顔合わせをおこなう=採用」らしいです。

これは、派遣会社を一度中継しているので、人柄やスキルには問題ないよね、という就業先と派遣会社の信頼のもと成り立っているような気がします。

  

採用結果は、私の場合は当日中に派遣先から電話で回答をいただきました。

不採用になることもあるようですが、どうか気落ちしないでください。スキルなど問題があった、というより、今後働くことになる職場に自分とあわない人がいたんだ、くらいの気持ちでいいと思います。

 

 

お仕事奮闘記で描いているのは、派遣社員として2個目の職場です。その時は顔合わせの手順にも慣れていたので、あまり緊張しませんでした。 

顔合わせには、派遣会社の担当さんが同席してくださるので「一般的な採用面接」よりは、自分の味方がいる、と思えば気は楽だと思います・・・(^_^;)

 

とは言っても、初めてのことってドキドキしますよね! 

初めての顔合わせはわたしもドキドキでした。そもそも服装とかどうする?これであってる?とかいろいろ考えてしまって・・!!

 

服装については派手過ぎなければいいと思います。私はジャケットにパンツスタイルで行きました。せめて見た目だけでも仕事できるようにしたかったので(笑)

 

あまり不安やドキドキを増やしてもいけないと思うので、わたしの顔合わせエピソードでも。

 

「本日はよろしくお願いいたします」のお辞儀をしたタイミングで派遣会社の担当さんがおもいっきり机にお茶をぶちまけたのでかなり緊張がほぐれました。

何してるんですか。(みんなで拭きました)

 

顔合わせの中に質問タイムがありました。こういう時って、仕事内容とか職場の雰囲気とか聞く方が多いと思うのですが、私は食堂があるということにテンションが上がり、のちの上司に「お昼ごはんってどんな感じですか?」って聞いてました。

何してるんですか。(ちゃんと答えてくれた)

 

前の職場の上司めっちゃいい人だったんですよ、「あそこでお昼ごはんの質問してくるのはだいぶお茶目だと思ったから採用した」って言ってました。こんなアホを雇ってくれて感謝です。

 

お仕事奮闘記で描いている職場の顔合わせは、、、、、

なんかおや?って思いましたね。なんか。空気がとても悪かったんです。

顔合わせはこちらから断ることもできるので、おや?と思ったタイミングで自分を信じて断ればよかったな、と思いました。

 

長くなりそうなので、今回はここまでにします。

 

★お役立ち情報)派遣と正社員のざっくりした違いを知りたい方はこちら

★お役立ち情報)派遣社員の契約期間&契約更新について知りたい方はこちらへ

🌟次のお仕事奮闘記はこちら🌟

コメント

タイトルとURLをコピーしました